目的・基本方針

第41回JC青年の船「とうかい号」目的・基本方針

日本の産業の発展とともに栄えてきた東海も、長引く経済不況で「ひと」のこころも低迷し、自身の事を考えるだけで精一杯になり、他人の事まで気にする余裕がなくなったことが原因で、日本人の精神性や道理・義理・人情、地域愛が希薄化し続けていると考えます。今こそ活気に満ち溢れる地域社会を取り戻すために、日本の精神性と地域や自国の文化に自信と誇りを持つ、一歩踏み出して地域社会を創造する青年の育成が必要であります。
我々青年会議所は、理念と目的である恒久的な物心共に明るい豊かな社会の創造を達成するために、時代背景に対応しながら地域社会の開発をする能動的で活力ある青年を創出していく使命があります。第41回JC青年の船「とうかい号」では、一般団員の皆様に洋上研修ならではの密閉された空間での活動と、寄港地の文化や風土の体験と国際交流を通じ、日常とは違う環境だからこそ発見できる新たなる気づきと改めて気づく研修を実施していく必要があると考えます。研修概要としては、青年らしく頭と身体で汗をかく研修と共通体験を礎に、「道理・義理・人情に基づく指導力開発」と「日本の精神性と地域や自国の文化に自信と誇りを持ち、地域社会での自身の存在価値となる物差し」となる気づきを与えます。更に研修船「とうかい号」としての研修効果を高めるために、各委員会は相互に連携を図り密度の高い気づきを付与し、それを基盤にチームリーダーによる気づきの実践を行うことで、日本の精神性と地域や自国の文化に自信と誇りを持ち地域社会の未来を創造できる、挑戦心溢れる次世代の担い手という使命感をもつ青年の育成を行います。

下船後には、成長した一般団員自らが、日本の精神性と地域や自国の文化に対する自信と誇りを再確認し、住まう地域やまわりの「ひと」と積極的に関わる行動が波紋のように広がっていくことで、活気に満ちあふれた安心して暮らせる力強い地域社会を創造します。

団長・本部挨拶

本部役員・チームリーダー紹介

研修方針

JCとは

メンバーログイン

pagetop