• HOME
  • 研修講師紹介
池間 哲郎氏 (いけま てつろう)
プロフィール 1954年沖縄県生まれ。
カメラマン 映像撮影制作会社JAN代表、一般社団法人 アジア支援機構 代表理事、認定NPO法人アジアチャイルドサポート代表理事、沖縄大学非常勤講師、「日本塾」塾長

幼少期は沖縄本島北部の自然豊かな本部町で過ごす。中学に上がる直前にコザ市(現沖縄市)へ転居し、米軍統治下時代、米兵の闊歩する基地の街で多感な青年期を過ごす。サラリーマンを経て29歳の時に映像制作会社を設立。その一方、1987年から10年以上にわたり個人的にアジア各国のスラム街やゴミ捨て場等貧困地域の撮影、調査、支援事業を手掛け、1999年任意団体を設立し2002年にNPOの認可を受け、現在まで経営者、カメラマン並びに当団体の代表理事を務めている。3,000回を超える全国の講演会では、自らの映像を駆使し、アジア途上国の貧困地域に生きる人々の姿を通して、一生懸命に生きることの大切さ・感謝の心・命の尊さを伝えている。2007年に東京事務所開設、2011年一般社団法人アジア支援機構を発足。2012年8月より、日本の素晴らしさと日本人の誇りをテーマに若者達と共に学ぶ「日本塾」を開校、現在に到る。
理念 カンボジア、ミャンマー、タイ、モンゴル、スリランカ、ラオス、ネパール、日本において157件の支援事業(124件は継続事業)を行い途上国においては約20万人の人々を支え続け、そして2万人近くの児童が教育を受けることが出来るようになり、日本においても「国際協力を通した日本の青少年健全育成運動」の理念の下に35万人の児童生徒(大人に対する講演における聴講者約15万人)に対し命の尊さや一生懸命に生きること大切さを訴えてきました。これからも会員の皆さんの善意に恥じないよう真剣にひたすら活動を続けていきます。これからも変わらぬご支援ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。 主な受賞歴 西日本銀行アジア貢献賞 、文部科学大臣奨励賞、カンボジア王国より受勲(モニサールポーンマハーセレイワット勲章等)、Yonaoshiボランティア赤い顔『下町平和賞』(東京都) 主な著書 『日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」(育鵬社)
『懸命に生きる子どもたち』(講演録)
『あなたの夢はなんですか。私の夢は大人になるまで生きることです』(致知出版)
『最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること』(現代書林) 他
メディア掲載実績 テレビ朝日(テレメンタリー)、大阪毎日放送(ボランティア21)、琉球朝日放送(夢は大人になるまで生きること~カンボジア~QAB開局10周年記念)、テレビ寺子屋、TBS系列ドラマ3年B組金八先生で「あなたの夢はなんですか~」が取り上げられる、全国版道徳教科書、社会科の副読本、中学英語教科書などに、活動の内容が取り上げられる
西田 一見氏 (にしだ はつみ)
プロフィール メンタルトレーナー&目標達成ナビゲーター
1973年生まれ。静岡県島田市出身。
株式会社サンリ代表取締役社長、一般社団法人日本人材能力開発協会理事、JADA[日本能力開発分析]協会代表

夢・目標達成をサポートする『目標達成ナビゲーター』として活躍。講演・講習の指導総数は28万人以上の実績。サンリ能力開発研究所にて大脳生理学と心理学に基づく科学的なメンタルトレーニングの研究をはじめ、脳の機能にアプローチする画期的な潜在能力開発プログラム「SBT(スーパーブレイントレーニング)」を指導。ビジネスパーソンへの個人指導をはじめ、Jリーグ、プロ野球、プロゴルフ、競輪など、国内トップアスリートのメンタルトレーニングにもあたっている。また小中高生を対象とした心の教育や目標達成の為の受験指導でも高い評価がある。近年では上場企業をはじめとした企業の社員教育にも力を注ぎ、「社員のやる気が根本から変わり、組織が急激に伸びていく」と講演依頼も多数。
主な指導実績一例 【社員教育企業、団体一例】
日本ガイシ、JPモルガンアセットマネジメント、朝日生命、東北電力、電源開発、フジ住宅、総合商研、他多数 全国各地商工会・青年会議所、他多数
【スポーツ一例】
プロ野球、WBC野球出場選手、甲子園出場優勝高校、サッカーJリーグ、サッカー海外移籍選手、 実業団バスケットボール優勝チーム、実業団バレーボール優勝チーム、陸上オリンピック代表選手、箱根駅伝優勝チーム、プロゴルファーシード選手、競輪S級選手、競艇選手、プロボクシング世界チャンピオン及び世界ランカー他
【教育指導一例】
全国PTA連合会、全国教育委員会、全国体育協会、全国私立幼稚園連盟、全国小中高大学、他多数
メディア掲載実績一例 【テレビ】『笑っていいとも(フジテレビ系)』『たけしのニッポンのミカタ(テレビ東京)』他多数
【ラジオ】『西田一見のドリームオブスポーツ(静岡FM「K-MIX])レギュラー』
『スズキハートフォーカス(東京FM)生出演』他多数
【雑誌】『アンアン』『non-no』『美的』『Spring』『FYTTE』『グラマラス』『nicolra』『hanachu』
『壮快』『BIG tomorrow』『プレジデントファミリー』他多数
主な著書・監修書 『ビジネスNo.1理論』(現代書林)
『成功する人は、なぜジャンケンが強いのか』(青春出版社)
『脳だま勉強法』(イーストプレス)
『いやな上司はスタバに誘え!』(ビジネス社)
『脳内活性!記憶力を高める』(インデックスC) 他多数
伊藤 直樹氏 (いとう なおき)
プロフィール 1960年京都市北区生まれ。
一般社団法人日本クラブメンター協会代表理事

京都の家業である油屋にて商売を覚える。26歳から独立起業し、全国に380件の代理店を育成、年商30億円の企業運営を12年間にわたり行う中ヒット商品となった新商品が3万5千件に及ぶリコールという経営者として、もっとも厳しい体験を通じ、38歳の若さで天国と地獄を味わう経験をもつ。

そういった経験の中で、真の会社の「あり方」、真の人財育成というものを実体験の中で体系化することに成功。メンタリング人財育成法の日本の第一人者として、いくつもの大手企業・全国の地方自治体などで研修・講演を行っています。2014年の年間講演実績回数は353回。
大手企業の研修実績 京セラ、ヒューレッド・パッカード、NECフィールディング、リコー、リッツカールトン、松下電器産業(現パナソニック)をはじめ、研修実績は中小企業を含め、2500社を超えます。
年間2千人の社員・スタッフと関わり、延べにして、5万人の受講生と向き合い、メンタリングプログラムを構築してきました。
理念 「家族や企業、地域社会を支援・支持すること」が僕の生きがいです。
一般社団法人日本クラブメンター協会の代表理事として、名古屋発信で、全国の多くの方々を元気にし、100万人メンター構想を実現すべく活動をおこなっております。
人の夢を支援する生き方について講演をし続け、多くの皆さんから「メンター」と呼ばれることに最大の喜びを感じています。

gotop

公益社団法人日本青年会議所 2015年度 東海地区協議会 第42回 JC青年の船「とうかい号」事務局

〒430-0802 静岡県浜松市東区将監町28-17 新創研ビル3F TEL / 053-443-7333 FAX / 053-443-8441 MAIL / info@42tokaigo.jp
[開局時間 平日10:00~16:00(土・日・祝日休み)]

Copyright© The 42th Youth Voyage TOKAIGO. All rights reserved.