• HOME
  • 目的・基本方針

第42回JC青年の船「とうかい号」目的・基本方針

第42回JC青年の船「とうかい号」目的・基本方針
様々な社会問題が目前に山積している現在。未来に対する夢や希望は持ちづらく、先の見えない閉塞感が私たちの歩みを重くしているように感じます。しかし反面、未曾有の国難を体験し、国の在り方や人の生き方を見直し地域や国を再興しようという、気運の高まりも感じます。こんな今だからこそ、様々な場所で先頭に立ち、まわりを巻き込み、時代を切り拓く情熱ある人材が必要なのです。
長きにわたり「とうかい号」は洋上での集団生活と研修により、自立心や協調性を持つ青年の育成を続けて来ました。また寄港地での国際交流は、広い視野を与え、地域や国への誇りを高めるだけでなく、民間外交の一翼を担う運動でもあります。42回目を迎える本船でも「とうかい号」の過去からの運動をしっかり継承し「時代を切り拓く情熱ある人づくり」をテーマに、自身と社会を成長させる青年を育成すべく、新しい航海へと旅立ちます。

研修では時代に合ったプログラムを通じて、成長への意欲を強く喚起すると同時に、地域や企業活動で活きる実践的な知識とスキルを身につけます。それにより、様々な困難を成長の糧とし、夢や目標に直向に邁進する力を養います。国際交流事業、寄港地活動では、外からの視点で見ることで故郷や母国の強みと良さを再認識し、先人が築いた歴史の中に身を置くことで「日本人の精神」を学びます。礼儀正しく誠実な姿勢や思いやる心、そして国や地域に誇りを抱き、一丸となり時代を切り拓いてきた情熱と団結力の大切さを学びます。また、船内生活において一人ひとりが主役となり、学びや気づきを「とうかい号」の凝縮されたコミュニティの中で実践することで自身の経験として身につけます。
下船後の私たちは、地域や会社でそれぞれの航海を続けることになります。「とうかい号」でそうであった様に、その場所、その瞬間で全力を注いだ時に先の航路が拓けます。また、共に旅する仲間の存在が、人生の航海をより面白く感動的に変えるでしょう。「とうかい号」で切り拓く未来への航路を通じて、地域から日本の再興につながると確信します。

gotop

公益社団法人日本青年会議所 2015年度 東海地区協議会 第42回 JC青年の船「とうかい号」事務局

〒430-0802 静岡県浜松市東区将監町28-17 新創研ビル3F TEL / 053-443-7333 FAX / 053-443-8441 MAIL / info@42tokaigo.jp
[開局時間 平日10:00~16:00(土・日・祝日休み)]

Copyright© The 42th Youth Voyage TOKAIGO. All rights reserved.